ロゴ
HOME>イチオシ情報>人に知られず歯列矯正ができるインビザライン

人に知られず歯列矯正ができるインビザライン

マウスピース

インビザラインとワイヤー矯正の違い

前歯と奥歯の両方の歯並びを綺麗にするためには、ワイヤー矯正を利用するしかないけれど、金具を口内に入れるのは嫌だと感じる人も少なくないです。口内の金具の感触が嫌なのであれば、インビザラインというマウスピースを着用しながら、歯並びを矯正する治療法を選んでください。金属アレルギーの人はワイヤー矯正を行えずに、歯並びの悪さを我慢するしかない場合もあるからこそ、名古屋駅の歯科のインビザラインが頼られています。マウスピースには金属は含まれていませんから、アレルギーの症状を気にする必要も無いです。ワイヤーなどの金具が目立たないよう、歯の裏側からワイヤーを装着する、裏側矯正が人気を集めています。インビザラインも無色透明のマウスピースを使うので、周囲の視線は気になりません。

白い歯

インビザラインの特徴

ワイヤー矯正の装置を一度装着すると、簡単には取り外す事はできませんが、インビザラインのマウスピースは食事をする際に取り外せます。再び装着するのも簡単なのですが、マウスピースの形が悪いと口内に痛みを感じる事もありますから、マウスピースの形状を微調整できる名古屋駅の歯科を頼ってください。歯並びが変化するたびにマウスピースの微調整を行う事で、着脱もスムーズに行えるようになって、食事をする際のストレスも感じずに済みます。インビザラインは1日に20時間以上装着していれば、歯列矯正の効果は得られますから、外出中に絶対にマウスピースを装着している必要はありません。大事なイベントの時だけマウスピースを外して、イベントが終わった後に再び装着すれば、問題なく歯列矯正の効果を得られます。