ロゴ
HOME>イチオシ情報>歯を失ってしまったらインプラント治療を視野に入れてみよう

歯を失ってしまったらインプラント治療を視野に入れてみよう

インプラント

インプラント治療とは

インプラントの治療は、人工の歯を作って口の中に装着します。この治療は大阪でも受けることができます。大阪でこれを受けられる歯科は多いので、選択の幅が広がります。地方の場合は実施しているところが少ないので、自分に合ったこのタイプの治療を受けられないこともあります。人口の歯を装着する前に土台を埋め込みます。この土台は金属になります。いくつかの金属が使われますが、チタンを使うことが多いです。チタンは安定した金属であり、アレルギーを起こしにくいです。土台を埋め込むときは歯ぐきにメスを入れます。一種の手術を行って、土台を歯にしっかりと固定します。麻酔を使って行うので、痛みはありません。この土台が安定するまで3ヶ月から6ヶ月程度かかります。その後は人口の歯を装着します。人工の歯は患者さんの口の中の状態にあったものが作られます。

インプラント

歯の重要性を学ぼう

歯を失った時に、初めて歯の重要性に気が付くことがあります。そのような場合は、できるだけ早く大阪のインプラントを実施している歯科に足を運びましょう。歯の役割で一番大切なことは、食事を噛むことです。歯がなければ、食べ物をしっかり噛むことができません。これ歯だけのトラブルにとどまらず、体の不調を引き起こすことがあります。例えば、消化も悪くなって腹痛を起こしたりします。もう一つ大切なことは、審美の面です。例えば、前歯を失ってしまえば、顔全体の見栄えが悪くなります。これは特に女性にとっては大きな問題でしょう。上記に書いた2つの問題を解決できるのがインプラントになります。お金のかかる治療になりますが、やってみる価値はあります。